未経験者からの副業で在宅ワークを始めるブログ

我輩がこのブログで伝えたいこと。それは続けることです。未経験からノースキルで始めたブログ。つたない文章ですみません。でもこんなブログの中にでも、あなたが我輩と同じ境遇から我輩と同じように稼げるようになるヒントが詰まっているブログにしていきたいと思って書いているブログです。

副業で稼ぐ!未経験から動画編集で月5万円を稼ぐためのロードマップ

副業で動画編集を始めたい!でも何から始めたら良い?
どんな風に進めて行けばよいかわからない

いざ副業で動画編集を始めたい!と思っても何から始めたらよいのか。
未経験から始めるあなたはどうやって仕事するのかわからないと思います。

何もわからないまま始めてしまうと、スペック不足のパソコンを購入してしまって後々後悔したり、仕事がうまくこなせず思ったように稼げなかったりして断念してしまう可能性もあります。

どうせやるなら稼げるようになりたいですよね。

今回の記事では、動画編集を仕事にするために必要なものや、副業として動画編集で仕事を始めて月5万円を稼ぐためのロードマップを詳しく解説しています。

この記事を読めば、稼げるまでの道のりを詳しく知ることができ、失敗せずスタートを切ることができますよ。


この記事を書くために、動画編集についてかなり調べて記事にしています。
我輩も未経験から副業でWebライターを始めて苦労した経験があるので、事前に調べる重要性はよく理解しています。

Webライターを始めて1年以上の経験があり、リサーチには自信があります。

だから、可能な限り遠回りしないよう最短で収入を得られる方法について調べた内容をまとめました。





動画編集は未経験から習得し稼ぐためには

まず、事前に知っておいて欲しいことがあります。
それは、

  • 動画編集を始めるにはスキルとソフトの使い方を学ぶ
  • 動画編集を学ぶ方法を知っておこう
  • それでも初心者から稼げる副業『動画編集』
  • 動画編集で月5万円を稼ぐのに必要な目安や期間を把握しておく

ことです。
動画編集を仕事としてやっていくためのロードマップを知る前に、これらの4つを予備知識として把握しておきましょう。

順にくわしく解説していきますね。

動画編集を始めるにはスキルとソフトの使い方を学ぶ


まず、動画編集を始めるのに設備以外で必要なのはスキルと専用ソフトの使い方です。

「スキルの習得は難しい?」

と思われるかもしれませんが、難易度から考えれば動画編集のスキルはプログラミングなどのスキルから比べると比較的習得しやすいスキルと言えます。

編集は専用のソフトを使用するため、ソフトの使い方を学べば初心者でもある程度編集はできてしまうのが動画編集です。
ただ、動画編集を仕事とするならそれなりの技術は求められるため、ソフトの使い方とスキルは習得する必要があります。




動画編集を学ぶ方法を知っておこう


動画編集を学ぶには、大きく分けると「独学」「スクールを利用する」の2通りあります。
最近では動画編集を学ぶための参考書は書店に多く並ぶようになってきていますし、YouTubeなどの動画配信でも学べるようになってきています。

また、「短期間でスキルを習得して稼ぎたい」「本格的に動画編集を学んで本職にしたい」と考えるならスクールを利用した方が安心してスキルの習得を目指せます。



次に専用ソフトですが、初心者向けソフトは使い方も簡単で、未経験から始める方にはおすすめですね。

独学で学ぶ際も「編集作業に慣れる」点で言えば、自分のレベルに合わせてソフトを選ぶことで段階を踏んでレベルアップできます。


ただ、動画編集を仕事として始めるなら初心者レベルの編集技術では思ったように稼げないでしょう。

本職並みの収入を稼ぎたいと考えるなら、緻密な編集ができるソフトの導入をおすすめします。


動画編集を独学で学びたいと考えている方は、おすすめの参考書をまとめた記事がありますのでよかったらご覧ください。
takumiblog.work



我輩は独学でスキルを習得して稼げるようになりましたが、かなり時間がかかってしまいました。

なぜなら、独学でスキルを習得するには「わからないことは自分で調べて解決しなければならない」からです。

この「調べる」という作業と、「理解して実践できる」ようになるまでかなり時間がかかってしまうことが独学の欠点です。

最短でプロ並みの動画編集スキルを習得し、仕事に活かして稼ぐには、専門の先生に聞くことができるスクールに通った方が良いでしょう。

動画編集スクールについてくわしく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。
takumiblog.work

それでも初心者から稼げる副業『動画編集』


初心者からでも稼げる副業として動画編集の仕事が注目されているのは、

  • 需要が圧倒的に拡大傾向にある
  • スキルを学びやすい

この2つの理由が大きいでしょう。

需要については参照画像があるので下記をご覧ください。

上記はサイバーエージェント社が出している、動画広告市場の過去〜現在〜今後の推計です。
参考URL:
サイバーエージェント、2019年国内動画広告の市場調査を実施 | 株式会社サイバーエージェント

上記のグラフで見たとおり、需要は拡大していますね。

次に、動画編集のスキルは初心者には学びやすいスキルと言えます。
人気の高いスキルと言えば『プログラミング』があげられますが、動画編集は『専用ソフト』が編集を補ってくれるため比較的習得しやすいスキルと言えます。

初心者向けの案件をこなしつつ勉強と仕事を同時にこなすことも不可能ではないのがこの仕事の特徴です。

動画編集で月5万円を稼ぐために必要な目安と期間


動画編集で月5万円を稼ぐために、まず目安を把握しておきましょう。

例えば、編集作業の案件1件あたり5000円の案件だと、月10件こなす必要がありますね。
1件あたりにかかる時間を5時間とすると、月50時間確保する必要があります。

1日に換算すると、50時間÷30日=1.67時間。
これは単純計算なので、平均2時間ペースで時間を確保することができれば可能な計算になります。


次に目標を月5万円と定めた場合の期間です。
動画編集のスキルを身に付ける期間と言っても良いでしょう。

独学でスキルを習得する場合は、前述でも述べた通り時間が必要以上にかかります。
しかし、最短で考えれば1か月でスキルは習得可能です。

最短1か月で動画編集のスキルを身に付けられるスクールとして有名なのが「クリエイターズジャパン」です。
最短でスキルを習得したい方は一度覗いでみてください。



動画編集で月5万円を稼ぐためのロードマップ(4つのSTEP)

では、本格的に動画編集で5万円を稼ぐためにはどんなステップで進めて行けば良いかを詳しく見ていきましょう。

ここでは動画編集をするために必要な機材を準備することから、スキルの習得、仕事の始め方までを詳しくまとめています。

STEP1:動画編集に必要なものを揃える

最低限必要なものは以下の通りです。

  • パソコン
  • 動画編集用ソフト
  • インターネット環境

以上3点です。動画から撮影して編集する場合は撮影に必要なカメラなどが必要です。

順にくわしく解説しますね。

動画編集ができるパソコンのスペックは?


パソコンであれば何でも構わない。というわけにはいきません。

動画編集は素材一つ一つのデータ容量が大きいため、その複数の素材を処理できるスペックのパソコンが必要になります。

スペックが足りていないと、編集作業中動作が鈍ったり最悪止まってしまうこともあります。

必要なスペックの目安は以下の通りです。

  • CPU:Core i7 or i9 (第7世代以降)
  • メモリ:16GB or 32GB
  • SSD:256GB or 512GB

これくらいのスペックを目安にパソコンは選びましょう。


個人的な意見では、ノートパソコンの方が持ち運びができて便利です。環境を変えて作業することも可能だからです。

カフェでコーヒーを飲みながら仕事をすることもできますし、作業する場所を制限されないため副業で動画編集をするには持ち運びができた方が便利です。

動画編集を仕事にするために必要なスペックのパソコンについてくわしく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

動画編集用のおすすめパソコンの他、パソコンの選び方までまとめた記事になりますので参考になるかと思います。
takumiblog.work


自分の力量にあった動画編集用ソフトを選ぶ


次に動画編集用ソフトですが、自分の力量に合ったソフトを選ぶ方が良いです。

なぜなら、プロが使う動画編集ソフトほど緻密(ちみつ)な編集ができる分管理画面が複雑でわかりにくくなっているからです。

レベルに合わせてソフトもレベルアップしていくのも有りですが、無料のソフトで仕事を受けるのは無理があるため注意しましょう。

動画編集ソフトについてくわしく記事にしているので動画編集ソフトについて詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。
takumiblog.work



インターネット環境


個人で仕事をするにあたって、仕事の受注方法は基本的にインターネットが主となります。

自宅にネット回線があるなら問題ありません。
自宅以外でも仕事することを考慮するならポケットWi-Fiが必要ですね。

ただ前述でも述べていますが、動画編集は素材の容量が大きいためデータのやり取りがスムーズにできるよう高速なネット環境が必要になります。

作業のみなら自宅以外でもできますが、データのやり取りもポケットWi-Fiを使用するのは容量的にしんどいかもしれませんね。



STEP2:動画編集について学ぼう

動画編集の仕事をするには、最低限基礎を知ってから仕事を受けましょう。
動画編集の基礎は以下の通りです。

  • カット
  • テロップ挿入
  • BGM・SE挿入
  • 画像挿入
  • 色調補正
  • 簡単なサムネイル作成

動画編集では専用ソフトを使用して作業するため、ソフトの使い方を知れば編集作業はできるようになります。


動画編集を学ぶ方法は大きく分けて2つあります。

  • 参考書やYouTube動画を参考に独学で学ぶ
  • スクールに通って専門の先生に教えてもらう

どちらもメリット&デメリットがあるのであなたにあった学び方を選択しましょう。
それぞれ詳しく解説していきますね。

参考書やYouTube動画を参考に独学で学ぶ


動画編集はプログラミングなどの専門的なスキルよりも比較的難易度は低いスキルです。

なぜなら、動画編集作業自体は専門ソフトを使用するためソフトの使い方さえマスターすれば編集作業を行うことが可能です。

動画編集を独学で学びたい人向けに参考書についてくわしくまとめた記事がありますのでそちらをご覧ください。
takumiblog.work

ただ、動画編集のデメリットとして「時間がかかる」ことがあります。

時間がかかる理由としてあげられるのは「わからないことを自分で調べなければならない」ことです。
これにたくさんの時間を費やさなければなりません。



スクールに通って専門の先生に教えてもらう


最短で動画編集を学んで仕事を始めたい

と考えるなら動画編集スクールを利用するのが最適な手段と言えるでしょう。
独学で学ぶデメリットとしてあげている、


わからないことを自分で調べなければならない
     ↓  ↓  ↓
専門の先生に聞くことができる


ことがでいるのはスクールを利用する大きなメリットと言えます。
また、最近人気のあるスクールでは仕事を獲得できるコツなんかも教えてくれるスクールもあります。

動画編集のスキルを習得しても仕事にありつけないといった悩みも同時に解消してくれるため、最短で仕事を始めることができるでしょう。

ただ、スクールの利用は「費用がかかる」ことが最大のデメリットです。
動画編集スクールについて興味のある方はこちらの記事をご覧ください。
takumiblog.work

STEP3:動画編集の仕事を受注するための準備をしよう

動画編集スキルを習得したらいよいよ仕事を受注するための準備です。
準備することは以下の通りです。

以上3つです。順に解説していきますね。

仕事用のネット口座を開設しよう


個人で仕事をするうえで必要になるのが仕事用の銀行口座です。

仕事をした時の報酬を振り込んでもらうための専用口座として使用するのですが、私用の口座と一緒にすると、後々必要になってくる確定申告で申告する際経費との仕訳が面倒になってしまいます。

また、地方銀行だとこれから仕事を探すためのクラウドソーシングサイトに対応していないこともあり、クライアントとの直接取引する際にもスムーズにやり取りができます。

我輩が使っているのはPayPay銀行(旧ジャパンネット銀行)です。
他に楽天銀行なんかもおすすめですよ。



ポートフォリオを作成しよう


ポートフォリオは簡単に説明するとあなたの作品集です。

ポートフォリオはクライアントがあなたの実力を証明するために大切なものです。

クライアントから見て、

この人に仕事を依頼したら、期待するものを提供してくるだろう

と思ってもらう必要があるからです。
初めて仕事をするあなたには実績がありません。だから、あなたの実力を証明するものが必要になるのです。

クラウドソーシングサイトに登録しよう


個人で仕事をするうえで登竜門とも言えるのがクラウドソーシングサイトです。

クラウドソーシングサイトを簡単に説明すると、個人で仕事をする人と仕事を依頼したい人を仲介してくれるサイトです。

クラウドソーシングサイトはいくつかあります。
有名なのはクラウドサービス(CW)やランサーズでしょうか。

我輩は主にCWを利用しています。
日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」


クラウドソーシングサイトについて詳しく知りたい方はこちら↓↓↓
takumiblog.work

STEP4:仕事の案件に応募し仕事を受注しよう


それではいよいよ仕事探しです。
ここでは案件を探してしごとを受注するために必要なことをまとめています。

初めは実績や経験を積むことに重視する


初めてクラウドソーシングサイトで案件に応募する時は、いくら勉強して動画編集のスキルを習得したとしても、仕事をした実績や経験がないと、なかなか高額な案件は獲得できません。

なぜなら、クライアントにとっては満足のいく仕事をしてくれるかわからないからです。


たとえば、技術はもっていたとしても、スムーズに仕事のやりとりができるかわからない。
または、連絡のやりとりやコミュニケーションがきちんと取れる相手なのかわからない場合、クライアントにとっては不安材料でしかありません。

だから、はじめは実績と経験を積むために、安い単価の案件を受けて実績を積まなければならない時期があることを知っておきましょう。

案件を獲得するためにたくさん応募しよう


「1件応募して返事を待つ」

の繰り返しではなかなか返事は返ってきません。
実績がないときは余計です。

興味のある案件全てに応募して返事を待つようにしましょう。

大体10件送って1~2件返事が返ってきたら上出来くらいです。
もし、複数返事が返ってきてスケジュール的に無理そうなら断れば良いのですから、気楽な気持ちで応募していきましょう。

案件を獲得するためには


クライアントに振り向いてもらうためには、応募する際の文章にも気を使って書かなければなりません。

「相手が知りたいことを全て記入できているか」
「募集文は隅々まで読んで理解しているのか」

など応募した時の内容に不備があったり、理解していないと判断されると返事は返ってきません。


また、報酬が良いからと言って高い報酬にばかり応募していている場合も同じです。
自分の実績や内容文はよく考えて送るようにしましょう。


もし案件の獲得方法が詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。
takumiblog.work

STEP5:実績と評価を蓄え単価をアップしていこう


初めの頃は、報酬より実績を積み上げることを優先しましょう。

実績と評価を蓄積していけば、自分も経験を積むことができ良い評価も受けることができます。

クライアントが見ているのは、あなたの実力の他に実績と評価も見ています。

この人はちゃんと納期をまもってくれるのかな
期待以上のものを納品してくれるかな

というのを実績や評価で判断します。
実績と評価はあなたの信用を証明するためのものなのです。




動画編集を副業として始める4つのメリット

動画編集を副業にして稼ぐメリットとしてあげられるのは以下の4つです。

  • 初心者からでも始められること
  • 個人でも稼ぐことができること
  • 比較的他の仕事よりも案件単価が高いこと
  • 仕事をする場所や時間に融通が利くこと

我輩が副業をおすすめする条件として考えているのは、未経験者(初心者)からでも始められるかどうかです。

それが『動画編集』なんですね。

実際クラウドソーシングサイトで動画編集の仕事を探してみると、「初心者向け」の案件が実際にたくさん出ています。

これは、初心者から教育してでも依頼したい仕事がたくさんあり、上級者よりも単価を安くても仕事をしてくれる初心者の方が経費が安く済むというクライアントもいるからです。


かといって単価がめちゃくちゃ安いのかというとそうでもありません。
我輩がやっているWebライターから比べれば単価は全然良いんです。

しかも、動画編集はパソコンを使います。
持っているパソコンがノートパソコンなら場所に左右されず自分の好きな場所で作業することも可能です。


我輩が利用しているクラウドワークスはこちら↓↓↓


副業で動画編集の仕事をする際の4つの注意点

ここでは動画編集を個人で仕事をしていくうえで注意することをまとめました。

石橋を叩いて渡る

ということわざがあるように、失敗例や経験談を知っておくことで同じ失敗を避けられると思います。

だから、我輩の失敗談も含めてくわしく解説していきますね。

注意点1:自己投資をケチるとつまづくことになる


動画編集を仕事にする際には、準備の段階で結構費用がかかります。
パソコンやソフトを購入するうえで約20万円くらいは必要です。
これを、

安いもので良いだろう

と安易に考えてしまい購入するとつまづくことになります。

なぜなら、パソコンのスペック不足で編集作業に時間がかかってしまったり、安いソフトを購入してクライアントが望む編集ができなかったりするからです。

学びの方でも言えることですが、スクールに通う費用をケチって独学でスキルを習得し無駄に時間を費やしてしまう可能性もあります。

自分に投資した分は、キチンと有効活用すれば必ず倍になって自分に返ってきます。

設備費用やスクール代など何かと費用のかかる動画編集ですが、人が持っていないスキルっていうのは個人で稼いでいくには必要です。

自分への投資はこれからの自分を変えることのできる唯一の方法だと思います。




注意点2:動画編集スクールに通うことが無駄という声も


動画編集というスキルの学び方はひとそれぞれです。

わがはいは独学でスキルを習得することを選んだことでずいぶん遠回りした経験があるため、最短で学ぶことができるスクールに通うのも良い方法だと思います。


しかし、中には「動画編集スクールに通うことは無駄」という声もネットを調べていると出てくることから、

どっとが正しいの?

となってしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。
実際に記事を注意深く見てみたり、いろいろ調べてみると、以下の点が見えてきます。

  • 動画編集スクールがその人の学び方に合っていなかった。
  • 選んだ動画編集スクールが学びたいことと違っていた。
  • コスト面での負担が大きいこと。
  • 独学でも身に付けられるスキルだから。

という4点です。
このことを踏まえて考えると、自己分析がきちんとできていないとスクールに通っても失敗する可能性があるということがわかります。

  • 自分が何を目的として動画編集のスキルを獲得したいのか。
  • 自分に合った学び方でスキルを習得できる手段を選択できているか。
  • スクールの費用は負担できる額なのか。

という点をしっかり考えて、学び方やスクールを選んだ方が良いでしょう。

動画編集スクールについて詳しく調べた記事がありますのでよかったら参考にしてください。
takumiblog.work


注意点3:初めは案件を獲得するのに苦労する


初めてクラウドソーシングサイトに登録して案件を獲得する際、そんな簡単には案件を獲得することができない可能性があります。

初心者の誰もが通る道

ということをあらかじめ知っておきましょう。

だから、あきらめないでください。そして考えてください。
あなたの書いた応募文(提案文)はクライアントから見て考えた時に魅力的なものになっているでしょうか。


クライアントが望む「知りたいこと」に全て答えられているでしょうか。

せっかくパソコンも買ってスキルも習得してきたんですから、めげずに応募し続けて仕事を受注してほしいです。



注意点4:副業収入が年20万を超えたら確定申告が必要


副業での収入も、年20万を超えたら確定申告が必要になります。

副業を始める際には本職を労働契約を一度確認してみましょう。

世間では副業を容認する企業が増えてきていますが、あなたが働いている会社が該当しているかはわかりません。

なぜ副業しているのがバレるの?

というと、会社で住民税の引き落としなんかをやってもらっていると会社にバレる恐れがあります。

なぜなら、住民税は所得に応じて決められているからです。

詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください↓↓↓
takumiblog.work

まとめ:未経験からでも動画編集で月5万円を稼ぐのは可能


動画編集というスキルは、プログラミングと比べると習得しやすいスキルです。

それは専用ソフトがあって、編集を補ってくれることもあり最近ではソフトがかなり優秀でできることも増えてきました。

クラウドソーシングサイトの普及もあって、個人でも仕事がしやすい環境が整ってきていることもあり、副業で動画編集の仕事をすることは未経験からでも十分月5万円は稼げるでしょう。

月5万円稼げるようになると、視野が広がり生活にもゆとりが生まれます。

その頃には実績や経験も積み上げられるでしょうし、将来的には独立することも夢じゃなくなると感じます。

今回の記事では、副業で5万円を稼ぐ方法として動画編集を取り上げ、稼ぐためのロードマップとそれまでに起こりうる注意点についてまとめました。


もしあなたが本格的に動画編集について学びたいと考えているなら、我輩は動画編集スクールに通うことをおすすめします。

なぜなら我輩が独学で苦労した一人だからです。
我輩は恐らくものすごく遠回りをしてきたように今では感じているからこそ、収入を得るためのスキルを習得するのであれば、自己投資をケチると損をするということを身に染みて感じました。

可能な限り早く収入を得るためにスキルを習得したいと考えているなら、一度下記の動画編集スクールを覗いてみてください。

我輩が動画編集スクールを調べていて一番良いと考えているスクールがこちら『クリエイターズジャパン』です。
詳しく調べた記事がありますので良かったら読んで下さいね↓↓↓
takumiblog.work

公式サイトはこちら↓↓↓
最短1ヶ月で動画編集スキルが身につく!【クリエイターズジャパン】

副業/在宅ワークのお仕事ブログ - にほんブログ村