未経験者からの副業で在宅ワークを始めるブログ

我輩自身、未経験から副業を始めました。未経験からでも始められる副業として経験談も絡めながら情報発信しています。

動画編集の仕事内容を詳しく教えて!将来性や始め方をくわしく解説


動画編集の仕事がしたい!
動画編集で副業を考えている

など動画編集に興味を持っている方は多いです。スキルとしても人気が高く、手に職を持つには将来性から考えても有益なスキルとして注目を集めていますね。

その発端を作ったのはYouTubeでしょう。
今ではTVよりも主流になってきています。

夕食を家族で食べている際に見ているTVには、番組よりもYoutubeの動画が流れている時の方が多いご家庭も多いのではないでしょうか。


企業も広告を出すならTVCMよりもYouTube広告と考えている傾向にあり、需要も年々増加傾向にある中、動画編集を副業やフリーランスで興味を持っている方も増えています。

今回の記事では、動画編集の仕事に興味を持つあなたに仕事内容を含め気になる将来性や始め方などあなたの知りたい内容を網羅的に詳しく解説しています。

この記事を読めば、動画編集の仕事について気になることを知ることができ、仕事を始める良い判断材料になるでしょう。



動画編集の具体的な仕事内容とは

では、動画編集の仕事内容について具体的に詳しく解説していきます。

実際の作業としては、大きく分けて3つの作業が動画編集の仕事内容になります。

  • 動画の必要な部分をカットし繋ぎ合わせる
  • BGMを挿入する
  • 必要な個所にテキストを挿入する

副業として動画編集に携わるのであれば、この作業を仕事にすることが多いです。
順に詳しく解説していきますね。


動画の必要な部分をカットし繋ぎ合わせる

一番初めに行う作業です。
撮りためた動画(素材)の必要な部分だけを使用するためにカットし、繋ぎ合わせる作業です。

いつも何気に見ているYouTubeの動画で例えると、YouTubeで配信されている数多くの動画は、一つの動画がアップされているわけではありません。

まず何分の動画を配信するのか決められ、その枠の中で動画で伝えたいことだけを切り取って繋ぎ合わせたものが配信されています。

この作業が一番時間のかかる作業と言えるでしょう。

BGMを挿入する


次に、BGMや効果音を挿入します。
動画の印象を高めるためにはとても重要な作業ですね。

効果音はタイミングや音の長さにも注意を払って挿入しなければなりません。
作業者の経験やセンスによって完成度が大きく変わる部分でもあります。

必要な箇所にテキストを挿入する


動画内に説明することや補足が必要な時にはテキストを挿入し、その動画を見る人に動画の意味をわかりやすく伝えるために必要な作業です。

文字の大きさや色、太さなどによって重要な部分を伝える上で大きな役割を持っています。



動画編集関連の職種は?

職業分類では『他では分類されない専門的職業』に分類されている動画編集では、主に動画・映像クリエイターと呼ばれる職業になるかと思います。

企業に就職すると、制作系ではプロデューサーやディレクター。
技術系で言えばCGクリエイターや編集オペレーターなどが職種としてあげられるでしょう。


プロデューサーやディレクターの仕事は、映像制作において企画やスポンサーとの交渉など主に管理業務が主な仕事になります。

クリエイターと呼ばれる人たちは、実際に映像のカット編集やテキストの挿入など加工業務を専門にしている仕事ですね。

動画編集を仕事にするために必要なスキル

動画編集は専用のソフトを使用して行う仕事です。
まずは自分が使っているソフトを使いこなせることが必須になります。

ある意味ソフトの使い方さえマスターすれば、特別なスキルは必要ないです。

「じゃ、簡単なのね」

と感じてしまうかもしれませんが、ソフトによっては緻密な編集が可能だったり、できることできないことがあります。

ソフト選びはあなたの動画編集をする目的に合ったソフトを選びましょう。

動画編集ソフトについてくわしく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。↓↓↓
takumiblog.work




動画編集の仕事は将来性はあるのか

仕事を選ぶ際に気になることの一つ「将来性」。
個人で仕事をするならなおのこと、

頑張って習得したスキルが使えなくなった

では本末転倒です(泣)
ここでは動画編集の「将来性」と「どれくらい稼げるもん?」という内容についてまとめています。

動画編集を仕事にする際に気になる将来性


動画編集は、今後も拡大の兆しを見せています。
需要については参照画像があるので下記をご覧ください。

上記はサイバーエージェント社が出している、動画広告市場の過去〜現在〜今後の推計です。
参考URL:
サイバーエージェント、2019年国内動画広告の市場調査を実施 | 株式会社サイバーエージェント

上記の参照図を見てもわかる通り、将来性のある仕事として注目を集めている仕事といえるでしょう。


コロナ渦の影響もあったため、家で過ごす時間が増えた時期がありました。

時間を持て余していた方もいらっしゃったのではないでしょうか。
そんな時、ふと何気に見てしまっていたのがYouTubeですよね。

「暇つぶし」

にはもってこいだったと思います。これは動画が根付いたきっかけになりました。

企業の広告などもTVCMに打って変わり、Youtube広告やPV作成など幅広いジャンルで映像制作の需要は増えてきています。

動画配信だけでなく、スキルシェアにも使われていることもありこの傾向はこれからも増えていく傾向です。



動画編集はどれくらい稼げる?


「動画編集はいくらくらい稼げるの?」

というのは仕事にするうえできになるところですよね。
調べてみると、動画クリエイターの平均年収は400万円前後でした。
副業だと5万円~10万円くらいが一番多かったです。


「あれ?思ったより低い(汗)」


と感じた方いませんか?
そうなんです。我輩も「あれ?」て思いました。


でもね。これ正社員で働いた場合のあくまでも平均なんですよね。

動画編集を仕事にする本当の魅力は、「副業」や「フリーランス」で発揮するんですよ。

それだけ個人で仕事をする案件が多いということです。
我輩がよく利用しているクラウドワークスで動画編集の案件を探ってみたところ、なんと700件以上の案件が出てきました。

条件を絞って単価5000円以上にしても400件以上の案件が出てくる。。。


個人で稼ぐ手段として考えるなら「動画編集


という印象を強めた調査結果となりました。




動画編集を副業で始められる?


動画編集の仕事は副業でできます。
最近では個人で働く人も増えてきていることもあり、副業やフリーランスで動画編集を仕事としている人もいます。

そんな人たちはどうやって仕事をもらっているの?

と疑問に思う人もいるでしょう。
ここで解説するのは仕事の受注場所です。

  • クラウドソーシングサイトを利用し仕事を受注できる
  • SNSを利用し営業活動をする
  • Youtubeで自ら発信する

以上3つの内容をくわしく解説していきますね。

クラウドソーシングサイトを利用し仕事を受注できる


クラウドソーシングサイトを簡単に説明すると、『仕事がしたい人』と『仕事を依頼したい人』の仲介をしてくれるサイトのことです。

クラウドソーシングサイトにはたくさんの案件があり、仕事をしたい人はその案件に応募して仕事を受注します。

クラウドソーシングサイトについてくわしく知りたい人はこちらの記事をご覧ください。↓↓↓
takumiblog.work


SNSを利用し営業活動をする


この方法は、TwitterFacebookなどを利用して仕事を受注する方法です。

たとえば、YouTuberの方々はTwitterFacebookなどアカウントを持っています。
有名なYouTuberだと法人化している方が多いため、すでに専属契約していたり自分の会社で雇っている場合が多いです。

登録者数が数万人前後で収益化はできているけど、まだ個人で動画をあげているYouTuberにダイレクトアタックしてみるのもアリではないでしょうか。

また、ある程度実績を積み上げることによって、営業活動にTwitterを活用していらっしゃる方もいます。

Youtubeで自ら発信する


この方法は、あなたが学んだ動画編集のスキルを活かして自らYouTubeに発信し収益化を目指すことです。


収益化に必要な条件としてあげられているのが登録者数1000人、動画再生時間4000時間です。

再生時間4000時間よりも大変なのが登録者数だと思います。
視聴者の興味、関心をひく内容を企画する能力が必要になりますね。



動画編集を仕事にする始め方

動画編集を仕事として始めるためには、まず事前準備が必要です。

動画編集の作業ができるスペックのパソコンや動画編集用ソフトなど、作業に必要な機材を揃えたり、仕事を受注するための手段を確保することがあげられます。

また、仕事をするためには仕事用の銀行口座も必要です。
簡単に説明すると、

  • STEP1:必要なものを揃える。
  • STEP2:スキルを習得する。
  • STEP3:仕事を受注する手段を整える。
  • STEP4:仕事を受注する。


というステップを踏んで行けば仕事を始められます。

仕事を始めるためのくわしくまとめた記事がありますのでそちらをご覧ください。
takumiblog.work




動画編集のやりがいやメリット

仕事を続けていくうえで大切なのがやりがいですよね。

この仕事やっていてよかったな
動画編集をやっていて楽しい

と感じることがないと、仕事として達成感や満足感を得られず何かのきっかけで挫折してしまいます。

ものづくりが楽しいと感じるという人は、動画編集だと自分で制作したものが形になって残ります。
自分の感性やセンスなど、こだわって作った動画が一つの作品として形になり、それが人を感動させたり反応があると、

作って良かった
また作りたいな

と感じるきっかけになりますよね。それが続ける糧になり経験になり、自分のスキルをレベルアップさせてくれます。

くわしくまとめた記事があります。
ぜひ読んで頂ければ動画編集の魅力やメリットをくわしく知ることができますよ。
takumiblog.work




動画編集ってきつい?デメリットな部分

動画編集を仕事にする。
決して良いことばかりではありません。

個人で仕事をしていく大変さもありますし、「しんどい」「きつい」と感じることもあるかと思います。

たとえば、動画編集は表現や編集内容によってクライアントと食い違いが発生する時があります。だから、時に何度も修正依頼を受けることもあります。

そうならないためにも、疑問点は事前にくわしく質問しておくことがたいせつですね。
動画編集に携わることでデメリットな部分をまとめた記事がありますので、気になる方はご覧ください。
takumiblog.work

まとめ:将来的にはフリーランスも可能


今回の記事では、動画編集の仕事内容を中心に興味を持っている人が気になることを網羅的にまとめた記事になっています。

副業で始めようと考えている方。
将来的には独立してフリーランスでやっていくことも視野に入れている方もいらっしゃるでしょう。


動画編集の仕事は将来的にもこれから伸長していく職種の一つです。


スキルも取得するのに難易度は低めですので、興味ある方は挑戦してみてはいかがでしょうか。

ただ、初期費用のかかる仕事でもあります。
始める際は、先を見越してよく考えて行動しましょう。

最短で仕事を始めたいと考えているなら、独学でスキルを習得するよりも専門の人にわからないことを聞いて習得する方が断然早く仕事に携わることができます。

独学でスキルを学び遠回りしてしまった我輩は、スクールに通って最短で本格的な技術を習得して単価の高い案件を獲得した方が、かかった経費分を回収することができるのでおすすめです。


我輩がおすすめしているのは最短1か月で動画編集スキルを習得することが可能なスクールとして人気がある「クリエイターズジャパン」です。



クリエイターズジャパンのことが詳しく知りたい方はこちら↓↓↓
takumiblog.work

副業/在宅ワークのお仕事ブログ - にほんブログ村