未経験者からの副業で在宅ワークを始めるブログ

初めて副業を在宅で始めた我輩の。実体験と経験を踏まえた、アウトプットも兼ねて紹介していくブログです。

記事作成には欠かせないコピペチェックツール厳選5選【無料版&有料版の違いとは?】

f:id:takumi5610:20220112015826j:plain

自分の書いた記事のコピペ率に不安がある
コピペチェックツールって必要なの?

我輩と同じくブログを書いている方やライターの仕事をされている方にとって、『自分の書いた記事のコピペ率』って気になりますよね。

我輩も最終チェックする際は、必ずコピペチェックツールを使って確認しています。

自分では調べた内容を自分なりの文章でまとめているつもりでも、チェックしてみると意外にコピペ率が高くなっていたりして修正している時もあるんですよね。

結論で言うと、我輩の経験談も含めて言えば、

コピーチェックツールは必要です!

今回の記事では、コピペチェックツールの必要性や使うメリット&デメリット。有料版と無料版の違いについてまとめているのとともに、

おすすめコピペチェックツールを厳選して〇つ紹介していますので、まだ使ったことないよっていう方は使ってみて意外に役立つ便利ツールだということが実感できますよ!



[目次]

記事作成におけるコピーチェックツールの必要性

f:id:takumi5610:20210224050114j:plain

では、まず記事を執筆する際にコピーチェックツールはなぜ必要なのか?からくわしく解説していきますね。

コピペチェックとは、あなたが書いた記事が既にアップされている他のメディアで掲載されている記事と一致している部分があるかをチェックすることです。

語順や語尾を変えただけでもコピペとみなされるので、意外に自分なりに独自にまとめているつもりでも、コピペとみなされる場合ってあるんですよ。

もしコピペ率が高い場合、Googleさんからペナルティを受けてしまったり、最悪著作選侵害で訴えられる可能性もあったりして、『行ってはいけない行為』となっています。

だから、記事を入稿する前には必ずコピペチェックツールで確認してコピペ率を最低でも約40%以下には抑えた方が、記事としては安全に公開できるんです。

他にも、コピペ率が高いと『上位表示されない』『ユーザーの信用を失う可能性もある』という原因になるため、コピペ率は低ければ低いほど良いですね。

ライター業をやっていると、クライアントからは必ずコピペチェックしてから記事を納品することがマニュアルに必須事項として書いているくらいです。

「〇%以下になるようにしてください」

という具体的な数字で執筆指示があるところもあるので、それくらいコピペチェックって重要なんです。


おすすめコピーチェックツール5選

f:id:takumi5610:20210511210452j:plain

それでは、我輩が調査したおすすめコピペチェックツールをご紹介させて頂きます。

「Webライターが選ぶコピペチェックツールって?」

って気になりますよね。無料版や有料版などホントにたくさんコピペチェックツールって開発されていているため初心者だとどれを使ったら良いのかわかりませんよね。

そこは、専門家に聞くのが一番です。

ということで、我輩Webライターが選んだコピペチェックツールはこの5つです。

Webライターおすすめコピペチェックツール①「CopyContentDetector」


株式会社ウェブサークルが運営する『無料版』のコピペチェックツールです。

回数は無制限で使えますが文字制限が4000文字という制限があります。

特徴は、高精度のコピペチェックができること。短時間で一致率から混成判定、類似度の判定ができます。

コピペ該当箇所が色でわかるようになっているため一目でどこが一致してるのかがわかるので、非常に使いやすいツールですね。

文字制限が気になる方は、『有料版』で8000文字までチェックできるプランもありますよ。

ccd.cloud

Webライターおすすめコピペチェックツール②「こぴらん」


次に、『無料版』のコピペチェックツールこぴらんは、4000文字までの文章をコピペチェックできるツールです。

特徴は、文章、類似数、リンクの3つの項目を判定できること。

どちらかというと簡易的なコピペチェックツールとして人気のあるツールです。文字数が4000文字なので、2000文字~3000文字くらいの記事を書いている雑記ブロガーさんには使いやすいツールですね。

copyrun.net

Webライターおすすめコピペチェックツール③「Turnitin(ターンイットイン)」


アシストマイクロ株式会社が開発したオンライン型の『有料版』コピペチェックツールです。

特徴は、Web上の文書以外に学術論文や出版物のデータから照合していること。主に学生の論文やレポート作成時に向いているコピペチェックツールですね。

だから、学生向けの記事を書いている方に向いているでしょう。


https://www.assistmicro.co.jp/products-category/turnitin/

Webライターおすすめコピペチェックツール④「影武者(chiyo-co)」


CROCO株式会社が開発したクラウド上で操作できる『有料版』のコピペチェックツールです。有料版ではありますが、毎月10回までは無料でチェックを行うことができますよ。

特徴は、自然言語処理技術を活かしたコピペチェックができること。

基本的に有料版は精度が高いです。大量な解析や組み込み用のAPIも用意されているのがありがたいです。効果的なコンテンツを作成したい方に向いているツールと言えますね。

kagemusya.biz-samurai.com


Webライターおすすめコピペチェックツール⑤「COPIPERIN(こぴぺりん)」


前述で紹介した「こぴらん」をより高精度にした『有料版』のコピペチェックツールです。

価格は6000円/月。月々500円でも使用できる、比較的安価なツールとして人気がありますね。

特徴は、パソコンにインストールして使用するツールであること。複数のドキュメントファイルを一気にチェックすることも可能です。

「今までコピペしてなかった!」

という方で、既存の記事を一気にコピペチェックしたい時などには便利なツールです。

また、様々なパターンから文章を調べることもでき、記事ごとの文字数や文節内の文字数までも確認することができます。徹底的にチェックするならこのツールです。


コピペチェックの決定版!こぴぺりん


コピペチェックツールを選ぶポイント

f:id:takumi5610:20210308035041j:plain


「どのコピーチェックツールを使ったら良いの?」

我輩がおすすめするコピペチェックツールでも5つ。他にも有料版&無料版あわせるとたくさんのチェックツールがあるので迷っちゃいますよね。

コピペチェックツールを実際にいくつか使ってみた経験から言えば、同じ記事をそれぞれのコピペチェックツールで調べてみると結果は微妙に変わってくるんですよ。

その違いの原因となるのは、それぞれのコピペチェックツールでの特徴の違いです。

それぞれのチェックツールで得意とする内容が違う

からなんですね。
だから、コピペチェックしたい記事の内容に合ったコピペチェックツールを使うことが大切なんです。あなたが主に書いてるブログの記事内容を踏まえて、コピペチェックツールを選ぶのがポイントです。




コピーチェックツールを使うメリットは?

f:id:takumi5610:20210511190955j:plain

「コピペチェックツールを使うメリットってあるの?」

これは、コピペチェックをする必要性でも述べたとおり、あなたが書いた記事が著作権侵害をしないようにするためや、Googleさんの信用を得るためには必要なんです。

だから、このことを考えてメリットをまとめると、

  • 著作権侵害を防止できる
  • Googleさんの信用を損なわずに済む
  • 検索上位に表示されるためにはやった方が良い
  • SEO対策にも繋がる

といった4つのメリットが考えられますね。もし、コピペチェックをやらずに記事を作成し続けてた場合、


どれだけ書いてもブログのアクセス数が伸びない…


なんてことがあるかもしれません。我輩も使ってみて意外だったことは、意識して違った記事のように文章を考えてまとめていても、コピペチェックツールにかけると一致している箇所が検出されるということです。

記事をまとめる時にリサーチした結果、情報があまりなかった場合とかだと少ない情報の中からまとめなければならない時ってありますよね。

そういう時が一番コピペ率が高くなる可能性があるので注意しましょう。

自分で考えている以上に、コピペチェックって重要なことだと言うことですね。


コピーチェックツールを使うデメリットってあるの?

f:id:takumi5610:20210511210034j:plain

コピーチェックツールを使うデメリットは探してみたのですが、これといってなかったです。しいて言えば、高精度なコピペチェックがしたい方にとっては

「費用がかかる」

ことでしょうか。コピペチェックは言い換えれば

『記事に保険をかける』

ような感じに捉えています。知らずに著作権侵害をしてしまってる可能性を考慮すると、"石橋を叩いて渡る"ということわざに近い行為ではないでしょうか。

記事をまとめる時にリサーチした結果、情報があまりなかった場合とかだと少ない情報の中からまとめなければならない時ってありますよね。


コピーチェックツールの有料版と無料版の違いは?

f:id:takumi5610:20210114035215j:plain

「有料版と無料版の違いって?」

というのは気になるところですよね。
無料版のコピペチェックツールでもあなたが確認したい内容を抑えられているなら、無料版で十分でしょう。

ここでは、気になるコピーチェックツールの無料版と有料版の違いについて詳しくまとめてみました。

  • 文字数の制限がある
  • コピペチェックの精度が違う
  • チェックできる記事数に制限がある

考えられる違いは上記の3つです。
コピペチェックツールおすすめ5選でも述べている通り、基本的に無料版では約4000文字くらいが上限として設定させていたり、月にチェックできる回数に制限があったりしますね。

有料版だとどれも『無制限』なので、使いたい放題になります。精度の違いはチェックできる項目が少ないか多いかです。


まとめ:チェックする量で決めよう


今回の記事では、コピペチェックツールのおすすめを5つ紹介しています。

f:id:takumi5610:20210705015318j:plain

「どのコピペチェックツールを使ったらよいかわからない」

あなたに、コピペチェックツールの必要性や重要性、使う際のメリット&デメリットや選び方のポイントまでまとめています。

だから、コピペチェックツールのことについて知りたい方にとって『わからないこと』を網羅した記事内容となっているでしょう。

あなたに合ったコピペチェックツールが見つかれば幸いです。

副業/在宅ワークのお仕事ブログ - にほんブログ村