未経験者からの副業で在宅ワークを始めるブログ

我輩自身、未経験から副業を始めました。未経験からでも始められる副業として経験談も絡めながら情報発信しています。

Bizseek(ビスシーク)の評判・口コミ情報を実際に登録してみて徹底調査てみた

Bizseek(ビズシーク)ってどんなサイト?
Bizseek(ビズシーク)に登録して稼げるの?

数あるクラウドソーシングサイトの中で、自分に合ったサイトを探すのは大変ですよね。

登録を検討されているあなたは、登録する前にBizseek(ビズシーク)について詳しく知りたいと思っていることでしょう。

今回の記事では、Bizseek(ビズシーク)について基本情報を含め登録前に知っておきたい評判や口コミ情報をまとめています。

実際に我輩が登録してみて仕事を探してみた感想も含めてまとめていますので、登録を検討しているあなたに良い判断材料になるかと思います。

結論から言えば、

特定のスキルを持っていない方が仕事を探すには良いサイト

という内容になっています。

我輩は副業ライターとして1年以上クラウドソーシングサイトを利用し、今では毎月5万円以上の副収入を安定して稼ぐことができています。

そんな我輩が主として利用しているのがクラウドワークス(以下:CW)ですが、クラウドソーシングサイトを複数登録して仕事探しの幅を広げるために目を付けたのがBizseek(ビスシーク)でした。

CWは案件数がかなり多く、TVCMでも紹介されている人気サイトとして有名ですよね。主とするならCWでしょう。

登録はこちらから↓↓↓
日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」

検証は実際に登録して仕事を探してみた内容と、かなり時間をかけてネットで調べた内容を基にまとめました。




[目次]

Bizseek(ビズシーク)ってどんなサイト?

ではまず、Bizseek(ビズシーク)ってどんなサイトなのかを見ていきましょう。
ここでまとめたのは基本情報と、サービス内容や料金(手数料など)になります。

ワーカーとしての登録であれば、登録手数料は無料です。
ただ、案件を受注して仕事をこなし報酬を得る時点で仲介料として手数料が発生する仕組みになっています。

Bizseek(ビズシーク)の基本情報

  • Bizseek(ビズシーク)の基本情報
  • 運営会社:株式会社アイランド
  • 利用者層:ライター・デザイナー・プログラマーなど
  • システム手数料(仲介手数料):5%~10%
  • 登録料:無料
  • 報酬の支払い:3000円以上から出金可能

Bizseek(ビズシーク)は2013年からサービスが開始されたクラウドソーシングサイトの一つです。

仮払い制度によってクライアントと仕事を開始する際先に報酬がサイトに支払われる仕組みになっているため「報酬がもらえない」ということはありません。

Bizseek(ビズシーク)のサービス内容と他サイトと利用料金比較


次に気になる利用料金についてです。
クラウドソーシングサイトを使って仕事をする際にどうしても気になるのがシステム使用料(仲介手数料)ですよね。

有名どころのクラウドワークスやランサーズと手数料を比較してみました。

Bizseek(ビズシーク)は「手数料が安い」というのが最大の特徴だと思います。

報酬額 10万以下 10~20万以下 20万以上
Bizseek 10% 5% 5%
ランサーズ 20% 10% 5%
クラウドワークス 20% 10% 5%


例えば、クラウドワークスだと1万円の仕事をした場合、手数料として2000円引かれます。
Bizseek(ビスシーク)だと1000円で住むため手数料がクラウドワークスの半分で済むのはとても嬉しいですね。

クラウドソーシングサイトで仕事をしていると、「手数料が痛い」と感じてくるようになります。
手数料は収入に大きくかかわってくるため、検討材料として重要な部分と言えますね。



Bizseek(ビズシーク)の評判・口コミ情報


それでは、Bizseek(ビズシーク)の評判・口コミ情報です。
ここではネットで調べたBizseek(ビズシーク)の評判・口コミ情報をまとめています。

ワーカーとしての登録は無料とは言え登録するなら自分に合っているのか事前に知っておきたいところです。

そのためには、評判・口コミ情報はとても参考になると思いますよ。

Bizseek(ビズシーク)の良い評判・口コミ


Bizseek(ビズシーク)は大手に比べたらまだまだ案件数では負けているのが現状ですが、年円登録者数は増加傾向にあり、主で利用するまではいかずとも副業ワーカーが複数登録している中の一つに入っているサイトでもあります。

その中で特に多かった良い評判は、

  • 手数料が安いため大手よりもお得
  • 実績が少なくても競争倍率が低く案件を獲得しやすい

という意見が多かったです。
実際中を覗いてみても、案件に対して応募人数はそれほど多くありませんでした。

このことから、案件獲得率は大手と比べて高いことがわかりますね。

Bizseek(ビズシーク)の悪い評判・口コミ


Bizseek(ビズシーク)の悪い評判としては以下の通りです。

  • 案件数が少ない
  • 報酬単価が安い

というものが多かったです。
ただ、我輩が実際中を覗いてみて感じたことは、「職種による」という印象でした。

我輩は副業ライターとしてクラウドソーシングサイトを利用しているため、受注したい案件としては『ライティング』となります。

そのライティングで検索してみると出てきた案件数は500件近い案件が出てきました。
ただ、この案件数は「募集が終了している案件」も一緒に検索に出てくるため、募集中の案件で見ると約6割くらいといった感じでした。

大手と比較すると少ないですが、300件あれば自分のやりたい仕事はいくつか見つかるのではという印象を受けました。

他の職種では数十件しかない職種もあったので、全体的に見ればやはり少ないという印象です。

Twitterで調べてみたBizseek(ビズシーク)の口コミ情報


次に、Twitterで見つけた口コミ情報です。







やはり皆さん、Bizseek(ビズシーク)は複数登録している中の一つとして利用されている人が多いようですね。

Bizseek(ビズシーク)に登録する3つのメリット


Bizseek(ビズシーク)の評判や口コミ情報と、自分自身でサイトを利用したことも踏まえてメリットをまとめています。

ただ、自分がどんな仕事をやるのかでも評価は違ってくると思います。

今回の記事では、初心者が仕事を探すことを前提にしてメリットをまとめていますので参考にしていただきたいです。

メリット1: 初心者向けの軽作業やライティング案件が多い


自分にはこれといったスキルがない

と考えている方も多いはず。
スキルがなければ個人で仕事をするのは無理なのかというとそうでもありません。

Bizseek(ビズシーク)は簡単な軽作業の案件の方が一番多かったので、未経験からでも仕事が可能な案件がこのサイトには多くあります。

だから、個人で仕事をするために「慣れるところから初めてみる」にはもってこいのサイトだと感じました。

ちなみにBizseek(ビズシーク)でその他の軽作業として出てきた案件は1000件以上ありました。※終了案件込みですが

我輩のやっているライター案件も、他の職種と比べると多かったです。

メリット2: 手数料が安い


前述でも述べていますが、Bizseek(ビズシーク)の最大の売りは「手数料の安さ」です。
大手のCWと比べると半分で済むのはとても魅力的です。

獲得倍率も低いので、実績のあまりない初心者が収入を得られる可能性が高いのはBizseek(ビズシーク)の方と言っても過言ではないでしょう。

メリット3: 他のサイトには見かけない案件がある


Bizseek(ビズシーク)で仕事を探していたら、ちょっと目を引く案件がちょくちょくあります。それは、『買い物代行』というもの。

依頼者の代わりに依頼された商品を代わりに購入するというものですが、こんな案件CWにはありませんでした。

クラウドソーシングサイトはいくつか別のサイトで検証しているので登録して案件を探していますが、変わった案件があったのはBizseek(ビズシーク)です。



Bizseek(ビズシーク)に登録する4つのデメリット


次に、Bizseek(ビズシーク)のデメリットについて見ていきましょう。
デメリットを感じることは必ずあります。

問題はあなたがそのデメリットを克服できるかです。
もしここであげたデメリットに対して「ダメだこりゃ…」と感じたなら登録は控えた方が良いでしょう。

デメリット1: 終了案件も一緒に表示されてしまう


実際にサイトに登録し、仕事を探し始めてみて感じたこと。
それは、検索して表示された案件の中に

既に募集した内容が終了している

ものも一緒に表示されてしまっていることでした。


これは、「おっ案外件数多いやん」と勘違いしてしまうばかりか、せっかく「良い案件見つけた!」と喜んだのも束の間「終了してるやん…」となってしまいます。


また、「見にくい」「探しにくい」という印象も感じてしまうので、運営に改善してほしい内容になりますね。

デメリット2: 報酬単価が比較的安い


次に、案件内容を探していて感じたことは「単価の高い案件が少ない」ということ。

これは逆に言えば全体的にレベルの高いスキルを持っている人じゃなく、初心者から中級者向けの仕事が比較的多いのではと感じました。

だから、自分の持っているスキルに自信がある人向けのサイトじゃない気もしますね。

デメリット3: サポート体制が他のサイトと比べると弱い


他のクラウドソーシングサイト「ランサーズ」と比較した場合、Bizseek(ビズシーク)には”仮払い制度”以外のサポートはまだ整っていない感じです。

ランサーズで言えば、

  • 融資・税制のサポート
  • ユーザー同士のコミュニティ
  • 表彰制度

など、サービスが充実していますがこれらのサービスがBizseek(ビズシーク)にはありません。

仮払い制度はあるため、ワーカーにとっては「必要最低限のサポートはある」という印象を持つのではないでしょうか。

デメリット4: 登録の際本人確認が必要


新規登録をした時に「面倒くさい」と感じたこと。
それは、本人確認が必要だったことです。

本名・現住所の登録が必須でした。
CWだとライターネームとかでも登録できるため、「匿名で仕事がしたい」人には不向きかもしれません。


また、クライアントが契約時に望む場合やレベルの高い案件で高単価案件などを受注する場合にのみ、本人確認のための契約を結ぶことはあります。

ただ、Bizseek(ビズシーク)では本名の登録は必要ですが公開されることはありません。
仮名を登録することができ、マイページにもその仮名が出てきています。




Bizseek(ビズシーク)に実際登録してみた感想


実際に登録してみて感じたことは、

初心者・中級者向けの案件が多く、自分の求めていた仕事は想像していた以上にあった

ことです。
軽作業の案件も多く、「え?こんな仕事もあるの?」と興味深い仕事内容も散見されたため、初心者が個人で仕事を始めるには結構使えるサイトなんじゃないかと思います。


内容的には「ココナラ」に近いかもしれません。
ココナラに興味ある方はこちらの記事をご覧ください↓↓↓
takumiblog.work


サイトの運営側には「終了案件も一緒に検索にでてきてしまう」点など改善してほしい点はいくつかありますが、それを差し引いても登録をおすすめできる内容になっていますね。

ただ、このサイトを主として仕事をしていると途中で頭打ちになるかもしれません。

副業でどんどん上を目指して収入を上げたいと考えている人は、有名サイトであるクラウドワークスやランサーズを主軸にして、Bizseek(ビズシーク)をサブとして考えた方が稼げると思います。


副業ワーカーとして個人で仕事をする場合、案件が確保できなかったら収入はゼロです。
仕事の探し口としてサイトは複数登録しておいた方が良いですよ。

クラウドワークスの登録はこちらから↓↓↓
日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」

ランサーズの登録はこちらから↓↓↓
ランサーズ | 日本最大級のクラウドソーシング仕事依頼サイト


Bizseek(ビズシーク)はどんな人におすすめなのか

Bizseek(ビズシーク)は特定のスキルを持たない方や、スキルを取得をしていても実績がない方、まだ自信がない方におすすめのサイトです。

初心者から経験を積んで中級者までの仕事なら結構あるので、実績を積んで行きたい方には良いサイトと言えるでしょう。

手数料が安い点や、競争率が低い点でも、初心者にとっては仕事を獲得するのに比較的悩む必要なくお得に稼げるサイトでもあります。

無料で登録できるため、

ネットで仕事をするにはどんな仕事がるのかな
自分にできる仕事はあるのかな?

と感じている人は一度登録して仕事を探してみても良いですね。

登録はこちらから↓↓↓



まとめ:特定のスキルがなくても仕事ができるサイト

今回のまとめ記事では、Bizseek(ビズシーク)の評判・口コミ情報からメリット&デメリットまで、Bizseek(ビズシーク)について知りたいことを網羅している記事になっています。

自分の総合評価的には「登録しても良いサイト」としてまとめていますので、仕事探しのためのクラウドソーシングサイト探しの判断材料として呼んで頂けると幸いです。

副業/在宅ワークのお仕事ブログ - にほんブログ村