副業/在宅ワークのお仕事ブログ

コロナの影響で本職を失いかけている現状を打開すべく副業から始めた在宅ワーク。自分が経験した失敗談や学んだことをアウトプットしていくブログです。

30代からの完全初心者が最短でプログラミングを学んで在宅ワークを始める方法

f:id:takumi5610:20210303222816j:plain

こんにちは。副業/在宅ワークの記事を書いています。
今回は、プログラミングを学んで在宅ワークを始める方法について書きます。

社会人になって仕事を既にされているあなた。もっと収入を上げたい。
コロナやその他、何らかの影響で収入が減ってしまったあなた。

どうせやるなら何か特別なスキルを身に付けたい。
副業や在宅ワークに興味がある、始めようと考えている。
でも、プログラミングはわからない。

そんなあなたに、完全未経験者が今注目されているスキル「プログラミング」を学習して最短で仕事に結びつける方法を解説します。
プログラミングは今後さらに需要が高まってくるスキルです。
そして、コロナの影響もあり在宅勤務や副業、在宅ワークはこれからもどんどん増えていくでしょう。

この記事では「最短で」学習できる理由や、失敗&挫折してしまう理由も含めて解説していきます。
学ぶには「難しい」スキルという認識が多いかと思いますが、それは「言語の選択」と「学び方」に失敗しているからです。

30代からとしたのは。
本職を既に持っているあなた向けの記事だからです。
理由についても詳しく解説していきますので読んで頂ければと思います。

あなたも「プログラミング」という特殊スキルを身に付けて高単価な収入を手に入れましょう♬



[目次]

①30代からのプログラミング学習

30代というと。学生時代のように「勉強する」という行為から離れてしまってもう大分たってしまった年代です。
社会人になって経験を積んで。そろそろその経験によって仕事が回っていく時期ではないでしょうか。

そこから新しくスキルを身に付けようとすると。
仕事で「肉体的」にも「精神的」にも疲労感はあることだと思います。

そんな状態での学習は、とても忍耐がいることではないでしょうか。
ならば可能な限り遠回りは避けたい。
「最短」でスキルを身に付けたいと考えるのは当然です。

そしてもう一つ。

学習から離れてしまったあなたは、新しいことを覚えたいけどなかなか若い時より頭に入りづらい。
30代というのはそう感じている年代ではないかと思うのです。
でも、要点をつかむことに関しては若い時よりも上手くなったのではないでしょうか。

プログラミングは全てのコードを覚えることは不可能に近いです。エンジニアとして既に活躍されている方も、全てのコードを把握しているわけではなく、わからない部分は調べながら作業しています。

例えば、数学でいう、
「数式を覚えて解き方を理解していれば、問題は解ける。」
と同じです。

要点を上手くつかんで、最短でプログラミングを学習する。
失敗したくない。挫折したくない。
ならば、今回の記事の方法でぜひ挑戦して欲しいです。

②まずプログラミングを知ろう

f:id:takumi5610:20210303221911p:plain

プログラミングってそもそもどんなスキル?
そう思う方もいらっしゃるかと思います。そんなあなたに、まずプログラミングについて解説します。

プログラミングとは、プログラムを作成してコンピューターに指示を出すことです。
言わばコンピューターへの「指示書」のようなもの。

コンピューターは、人間の言葉を理解できません。
コンピューターが理解できるのは機械語と言って、「0」と「1」の組み合わせによって羅列される言語です。

その機械語を人間の言葉に近い形で表現した言葉を「プログラミング言語」と言います。

プログラミングの需要

私たちの身近にあるもの。便利なものは、大体プログラムによって動いています。
日用家電でも、スマート家電が大人気ですよね♬
そんなスマート家電もプログラムによって動いていて、「便利なもの」として私たちの生活に必要なものとなってきています。

これからもどんどん私たちにとって「便利なもの」は増えていくことだと思います。
そして、日常的に欠かせなくなった携帯電話も。今は「スマホ」になって便利性が追求され様々な便利なアプリが開発されています。
これもプログラミングによる開発でできた産物です。

このように、プログラミングは私たちの身近に存在し。「利便性」と追及され日々エンジニアによって開発が進められているのです。

今後もプログラミングは需要が増えていくことでしょう。
プログラミングができる人というのは、「お仕事」の観点でも必要とされており、人材も不足している状況です。プログラミングというスキルは今や「英語」に勝るとも劣らないスキルとして注目を浴びているのです。

小学生の授業にまで英語と並び必須科目として定着していくとされていますね。

プログラミングの魅力

プログラミングは、「とても需要のあるスキル」であることも魅力のあるスキルですが、プログラミングを学ぶことに関して意味があるのでしょうか。そんなプログラミングを学べばこんなことが身に付きますよっていう魅力を解説していきます。

・論理的思考力を身に付けられる♬
・事務系の業務の効率化が可能になる♬
・自分の力で稼げるようになる♬

この3つがプログラミングを学ぶ先にある意味。魅力ではないでしょうか。

プログラミング言語を習得することによって、Web開発やアプリケーション、ゲーム作りができるだけでなく、考え方や仕事探しにも利点があるということです。

もっと知りたい方は、「プログラミングとは?」について詳しく記事にしてあるのでこちらを見て下さい♬
takumiblog.work

③完全初心者が学ぶべきプログラミング言語

f:id:takumi5610:20210414115346j:plain

プログラミング言語はざっと200種類以上あります。
その中であなたが学ぶべき言語ってどの言語を選べばよいのでしょうか。

そんなあなたに「完全初心者が学ぶべき言語は?」について解説します。

完全初心者向けの言語は?

プログラミングって実際にどんなことをするのかわからない完全初心者が失敗せずに習得する方法。
今回の記事はこのような内容の記事です。

ですから、あなたの目的が「在宅ワーク」であること。
そして「失敗したくない(途中で挫折したくない)」ということ。

という観点からこれだ!という言語をチョイスして、その言語を挫折せずに最短で習得できる方法を解説します。

あなたの目的を達成できる言語は、PHP」言語です。

プログラミング言語を学ぼう

f:id:takumi5610:20210414114923p:plain

最短でプログラミング言語を習得して在宅ワークを始めるための言語はPHP言語です。
左記の内容でそう紹介しました。ではそのPHP言語ってどんな言語なのか。そしてどんなことが可能なのかをこれから解説していきます。

PHP言語とは?

PHP言語はWebアプリケーションを開発するための、初心者向けの言語と言われています。
主にWebサービスやWebアプリ開発が可能な言語です。
サーバー側にあるデータベースと簡単に連携することが可能で、HTMLに埋め込んで使うこともできます。比較的簡単に動作確認ができたり、動きのあるWebページが作れるのが初心者向けである理由です。

PHP言語ができること

「WEBアプリケーションの開発・構築」
「WEBサイトの制作・構築」
「業務システム開発

これがPHP言語を習得して実際の仕事となるでしょう。
PHPは現在アプリやWebサービスで多く活用されており、とても需要のあるプログラミング言語と言えます。
他の言語とも互換性もあり将来性もある言語です。

日本でもPHPを扱える人は10万人以上いるといわれています。TIOBE Softwareが公開している人気プログラミング言語の指標でも、PHPは9位にランクインしています。

初心者が学ぶべき言語のランキングが知りたい方はこちらの記事を読んで下さい。
takumiblog.work


PHP言語が動く仕組みは?

PHP言語がWebサーバー上でどうやって動いているのか?を簡単に説明するとこうなります。

ユーザーの「リクエスト」した内容をサーバーが受け取る
ブラウザでWebページを見ている際、見たい項目を押したりする行為が、「リクエスト」ということになります。

受け取ったリクエストの内容をサーバーで解析、処理してクライアントに返すための答えを作る
サーバー上にあるプログラムがリクエストに対する答えを導き出してくれます。

答えを「レスポンス」としてユーザーサイドに返す
プログラムが出した結果が、ブラウザに表示される。

といった感じでプログラムが動いています。

PHP言語についてもっとくわしく知りたい人はこちらの記事をご覧ください↓↓↓
takumiblog.work

プログラミング学習 どれくらいかかる?

f:id:takumi5610:20210401012900j:plain

プログラミング学習を独学で学んだ場合、いったいどれくらい時間がかかるのかというと、およそ最短で200時間~300時間以上と言われています。

「え?そんなにかかるの?」

と思ったことでしょう。
そうなんです。
1日にかける時間を多く見積もって2,3時間としても100日です。
平均して1年間勉強を続けてようやく習得できるスキルと言われているのが「プログラミング言語」なのです。

プログラミング学習 失敗&挫折

f:id:takumi5610:20210315044801j:plain

プログラミング言語を学習するのに独学でやろうと試みる人が多くいます。
しかし、その独学で学ぶ際にまず知って欲しいことがあります。それは、独学で習得するために必要な時間のこと。


独学で学習するのにかかる時間の長さ。。。
これが失敗や挫折に繋がる一つの理由になっています。

ましてやPHP以外の言語を選択した場合なら、初心者向けとの他の言語と言えどもっとかかるかもしれません。
それほどプログラミング言語の習得の難しさがうかがい知れますね。

しかし、魅力のあるスキルであることは確かです。
ましてや「手に職をつける」には、特殊なスキルを習得することになるのですから、それ相応の「対価」なのかもしれません。

失敗する。挫折してしまう理由のもう一つは、「わからないこと」「問題を解決する」のに大きな手間と時間がかかるということです。
これは、独学で学習するのになぜこんなにかかってしまうのか。
という理由にもなっています。

あとは、「継続力」の問題です。

プログラミング言語の学習は、基本的に「独りで黙々と勉強する」という行為を毎日続けて少しづつ学んでいくことになります。
日を空けると人は覚えたことを忘れていく生き物です。
頭に定着させるには、毎日コツコツと続けていくことが大切なわけで、日が空いてしまったら定着できていないことを復習するところから始めなければなりません。これが、挫折の要因になってしまうのです。

人は、言い訳の達人だということを忘れてはいけません。
「忙しくて時間が確保できない」
「今日は疲れてる」
「めんどくさい」
「なんか自分らしくない」
人は、何かしら自分に言い訳を作って「勉強する」という行為を毎日続ける習慣をつけることを妨害します。

他の同じ目標を持った仲間が居れば、一緒に続けるという「協調性」が働いて、継続できるかもしれません。
ですが、そんな仲間が近くいることは少ないでしょう。


独学で学習するならという記事も書いていますので、独学でプログラミング言語の習得を考えているならこちらの記事を読んで下さい。
takumiblog.work

プログラミング学習 失敗しない学習方法

f:id:takumi5610:20210308035041j:plain

可能な限り最短で。
初心者向けのプログラミング言語を習得し。
仕事に結びつける。

これがこの記事のコンセプトです。

それには、「わからないこと」を最短で解決し、一つ一つの壁を乗り越えていく必要があります。では、「わからないこと」を最短で解決する方法とはどんな方法なのでしょうか。

「知っている人に教えてもらうこと」

これが最短でわからないことを解決する方法です。
そして、挫折せず続けられるようにするには、

「知識欲を満たし学習することを楽しいと感じるようにする」

難しいとされるプログラミング言語というスキルを学習するうえで大切なことです。

この二つの問題を解決すれば、プログラミング言語挫折なく最短でプログラミング言語を習得することができます。
その習得する方法とは、


「プログラミングスクールに通うこと」


です。そのスクールもどこでも良いのかというとそうではありません。これから私が提案するスクールは、この二つの問題を解決するスクールです。理由をこれから解説していきます。

その1.1人の生徒に専属で先生がついてくれること。

私が提案するスクールでは、生徒1人に専属の先生が担当してくれます。
よくあるスクールだと、毎回担当する先生が違っていたりして、前回の学習のフィードバックがうまくできていなかったり、自分の学習がいったいどこまで進んでいるのかが明確になっていなかったりするケースがあったり、講義を動画で見て学習するだけだったりして質問ができなかったりするのです。

このスクールでは専属で先生が担当してくれるため、あなたの学習の進捗を把握して、あなたに合った学習をしてれます。
質問の回答もとてもスピーディーに対応してくれるので安心して学習に打ち込むことができるのです。

その2.受講前にカウンセリングがあること

カウンセリングでは、あなたの力量と学習するうえでの目標を確認し把握したうえで、スケジュールを組んでくれます。
生徒に寄り添って学習を無理なく継続できるプランを立ててくれるスクールです。

その3.就職活動の支援を受けられる

これは受講中でも支援が受けられます。せっかく身に付けたスキルを活かせるように、スクールが仕事を斡旋してくれるのです。
そのサポートはどんなものなのかというと、このスクール自体がリモートワーク専用の仕事を斡旋するサービスを運用しているので、
そこから仕事を斡旋してくるサポートがあります。

その4.PHPに特化したプログラミング学習

大体のスクールでは、プログラミング言語のみの学習で修了してしまうのが一般的ですが、このスクールでは「サーバー構築」や「デバッグ作業」などといった、実際の仕事に関連する内容も一貫して学ぶことができます。
これは、一つの言語に特化したプログラミングスクールだからこそ可能になったといっても過言ではないでしょう。

稼げる力。「提案力や折衝⼒」「構築からプログラミング」まで幅広く学習できるカリキュラムが組まれています。

以上4つが私がこのプログラミングスクールを提案する大きな理由です。
そのプログラミングスクールは、

「テックパートナーカレッジ」


テックパートナーズカレッジでは6か月でプログラミング言語を習得できる基本コースがあります。
・基本コース内訳
〇1~2か月:PHP言語、Git & GItHubの基礎
〇3~4か月:Laravelを使ったアプリ開発
       (脆弱性対応、デバッグ能力、仕事の進め方など)
       架空のクライアントから仕事の受注を想定した形で学習
〇5~6か月:オリジナルのWEBアプリ開発
       WEBアプリの企画から設計、開発、テストまで一通りこなしていく
〇修了認定基準:オリジナルWEBアプリを講師がレビューを行い合格した場合。
        チェックバックがある場合はそのチェックバックを修正後に修了認定。
〇終了後:エンジニアとして就職支援、案件の紹介

ここで注目なのは、「14日間の無料体験」があることです。
もし「興味がある」「気になる」と感じたら、迷わず無料体験を利用してみましょう♬

14日間無料体験あり!【テックパートナーズカレッジ】


「テックパートナーズカレッジ」の詳しい記事はこちら↓↓↓
takumiblog.work


人気のあるプログラミングスクールとして有名なテックパートナーズカレッジ。
ツイッターでもレビューがあったのでご紹介します。







⑤まとめ

今回の記事では、
「完全初心者が最短でプログラミングを学んで在宅ワークを始める方法」
を記事にしました。

自分で調べるのはとても時間がかかります。それよりも手っ取り早く知っている人に聞いた方が的確で効率が良いことは間違いないでしょう。
そして、個人で独学で学習するよりもマンツーマンで教えてもらった方が断然早いです。

もし、このスクールで仕事の斡旋以外でも、仕事を探すことは可能です。
プログラミング言語を習得して個人でも仕事を探したいのなら、「ココナラ」を利用してみるのもよいかもしれません。



その他、クラウドワークスでもWeb開発の案件は多数ありました。
クラウドソーシングサイトを利用するのも、プログラミングを使った在宅ワークを実現する方法として活用できるでしょう。