未経験者からの副業で在宅ワークを始めるブログ

初めて副業を在宅で始めた我輩の。実体験と経験を踏まえた、アウトプットも兼ねて紹介していくブログです。

初心者が知っておきたい記事の書き方と読みやすい文章を書く3つのコツとは?

f:id:takumi5610:20210118035820p:plain

記事の書き方がわからない
読みやすい記事ってどんな記事?
簡単に記事の書き方を知りたい!

ブログ記事の執筆や、Webライターでの記事の執筆。思っていたよりも難しいと感じている人も多いと思います。
記事の執筆に関しての悩みを抱えていませんか?

そんなあなたのために、記事の書き方をくわしくまとめてみました。

今回の記事では、未経験者、初心者が初めて記事を書く際に注意する点、意識して書くことを中心に記事にまとめていますので、未経験者や初心者レベルの人向けの記事になっています。

初めて記事を書いていく人
ブログを始めたばかりの人
これからWebライターとして仕事を始めたい人

には良い参考になるかと思いますので、ぜひ最後まで読んで頂ければ記事の書き方について網羅的に知ることができますよ♬



[目次]

記事を書く際に注意したいこと。

f:id:takumi5610:20210726024430j:plain

まず、記事を書く時に注意したいことを知りましょう。なぜなら、読みやすい文章を書くためにはユーザーが読みやすいように考えて書く必要があるからです。注意したいことは下記の通りです。

  • 中学生でもわかる文章を心掛けること。
  • ユーザーと同じ言葉遣いを意識する。
  • 適度に改行して文章を読みやすくする。

以上3つです。これらの内容を意識して書くことで、読みやすい記事になるんですよ。
順に内容をくわしく説明していきますね。

中学生でもわかる文章を心掛けること


あまり難しい漢字や用語を使わないようにすること。なぜなら、言葉が難しい表現がたくさん出てくると、ストレスを感じることもあるからなんですよ。

どうしても説明や解説を入れると結構使ってしまうことが多くなりますよね。

パソコンで記事作成している方がほとんどだと思いますが、記事作成も慣れてくると漢字変換もスペースキーでポチっとできてしまうので結構スルーされちゃうことが多いです。

漢字については大体の日常的に活用されている漢字は学習できています。

ぶっちゃけ「読むことはできるが書くことはできない」

我輩がそうです(笑)しかし専門用語熟語等を使う際は気をつけたいところですね。
案外できているようで。できていないことがあるので、記事作成したあとの確認の時に文章を見直してみましょう。

ユーザーと同じ言葉遣いを意識する。


ブログ記事だと余計に意識した方が良いのが「言葉遣い」です。

なぜなら、ブログ記事は専門書や解説記事ではなくもっとラフなイメージがある分、ユーザーは身近な存在であるあなたの記事から知りたい情報がないかを探しに来ているからなんですよ。

あなたの書いている記事は、誰にあてて書いている文章なのかを考えて寄り添う感じで書いた方が親近感がわきますよね。

読んでくれる方の目線になって文章を考えて書くようにしましょう。

適度に改行して文章を読みやすくする。


我輩の場合、小説が大の苦手です。何故なら本いっぱいに文字が並んでいるからです。

もし開けた画面いっぱいに文字が埋め尽くされていたら、せっかく内容の濃い文章であったとしても読みづらくて読むのを諦めてしまいますよね。

適度に改行を入れて空白を入れることで文章は読みやすくなります。

ただ、じゃあ改行する箇所はどこなら良いのか?これには実際に正解はないです。しかし目安ならあります。

文章が切れるところですね。

「、」「。」とかで文章が一旦区切れるところで改行すると良いです。

あまり接続語などを使って1文が長すぎると読みづらさを感じてしまいます。適度に「。」で文章を切っていくと良いでしょう。

トンマナを意識して書く。

f:id:takumi5610:20210323021856p:plain

次に、記事全体に「統一感」を出すために必要なことがあります。

それが「トンマナ」です。
トンマナとは、「トーン」と「マナー」を合わせた言葉で、あなたが書く記事の全体的な文章の統一感を持たせるためのルールを作ることです。

これが統一されてないと、ユーザーは読みにくさを感じてしまう時があるので意識して書くようにしましょう。

Webライターをやっていると、クライアントによって必ずと言っていいほど作業マニュアルには「トンマナ」の説明書きがありますよ。

それだけ大事なことっていうわけですね。
「トンマナ」についてくわしく知りたい方は、こちらの記事を参考にしてください。
takumiblog.work


文章を結論から書く手法「PREP法」

f:id:takumi5610:20210529195519j:plain

それではいよいよ記事の書き方の本題です。基本的に記事は「PREP法」で書いた方が良いです。

なぜなら、「ユーザーは結論が早く知りたい」からです。その結論がユーザーが知りたい情報であれば記事を読んでくれるというのがユーザーの基本なんですよ。

だから、記事に適した文章の書き方と言えるでしょう。それではそのPREP法についてくわしく見ていきましょう。

PREP法とは?

PREP法をかみ砕くと以下のようになります。

  • Point:結論
  • Reason:理由
  • Example:具体的な例
  • Point:結論

この順序で文章構成を考えて書くことによって、わかりやすい文章になります。わかりやすい文章の構成をまとめた代表的なモデルとも言えるでしょう。

内訳はこうです。

「この記事はこんな内容の記事で、こういうことなんです」

と読者に伝えた方が、読者はこの記事はどんなことが書かれているのかを知ることができます。

そして読者の「知りたいこと」を結論として初めに公開しておけば、読者の「読んでみよう」という気持ちを揺さぶることができるわけです。

そのあとにその結論の理由と、具体的な例を書きます。
この「例」を書くこと。

例えば~があれば読者の理解を深められるんです。これ結構大事です。
そして最後にもう一度結論を持ってくること。伝えたいことを繰り返して書くことで、理解を深めることができるからです。

この記事を読んでもらっているとわかると思いますが、簡単にするとこんな感じです。

①まず結論!「こうだ!」
②その次に理由「なぜなら~」
③例題を出してわかりやすく解説「例えば~」
④最後に結論をもう一度「したがって~」

という風に書けば、一番効率的に文章をまとめることができますよ。




PREP法のメリットとは?


Webライティングでよく利用されるPREP法ですが、ここではメリットについてまとめました。PREP法を用いると、ビジネスのコミュニケーションが円滑になります。

  • 「聞き手にストレスをあたえない」
  • 「不要なやりとりが減る」
  • 「自分の考えを整理する習慣がつく」

というメリットがPREP法にはあります。順に説明していきますね。


〇「聞き手にストレスをあたえない」


PREP法が聞き手にストレスをあたえない理由は、PREP法が先に要点(結論・主張)を伝える構成だからです。先に要点や結論を伝えることによって

「これは何についての話なのか」

を理解した上で話を聞けるため、

「一体なんの話をしてるんだ?」

というストレスが発生しないのです。


〇「不要なやりとりが減る」


PREP法で説明すると、一度の説明で相手に内容を理解していただけるため不要なやりとりを減らすことができます。

逆に、PREP法を意識せずに説明すると、

「ごめん、もう一回説明して?」
「つまりどういうこと?」
「ちゃんとまとめてからもう一度説明してもらえる?」

というやりとりが発生してしまいます。このようなやりとりは小さい時間のロスになり、積み重なれば大きな時間のロスになってしまうのです。しかもこの時間の損失は、話し手だけでなく聞き手にとっても損失ですよね。

ビジネスでは限られた時間の中で成果を出すことが大切です。話し手にとっても聞き手にとっても、不要なやりとりが生まれない説明の構成になっているのがPREP法です。


〇「自分の考えを整理する習慣がつく」


PREP法を心がけて説明するということは、自分の中で

「要点はこうで、理由はこう、理由に説得力を持たせるための根拠は…」

と整理してから説明することに他なりません。PREP法を身に付けられると、報告や説明というアウトプットの機会を通じて、自分の考えを論理的に整理する習慣がつけることができます。

一つの見出しで文章の長さを400文字以内に抑える

f:id:takumi5610:20210323022354j:plain

一つの見出しの内容説明が長すぎるとユーザーは読むのを辞めてしまいます。

なぜなら「疲れる」からなんです。

できるだけ簡素に要件をまとめて400文字程度にまとめるのがベストですね。その400文字の中でも「PREP法」で文章を作ること。

そして、要点をまとめて箇条書きにし、順に説明していく形にするとうまくまとめられますよ。


まとめ

f:id:takumi5610:20210511210339j:plain

いかがでしたか?ここで大事なことは、「PREP法」ですね。
これだけができていても基礎にはなりませんが、文章構成って凄く大事なんだって我輩自身痛感していることです。

もしあなたがブログをやっているなら、一度自分の記事を見直してみてきちんと書けているかをチェックしてみるのも良いでしょう。
そして、自分の知識として定着させるには、意識して記事を何度も書くことをお勧めします。

副業/在宅ワークのお仕事ブログ - にほんブログ村